観たよ!「だいすけお兄さんの世界迷作劇場2017」関西公演初日!どんなコンサート?グッズや気になる点もレポート【あえてセトリなし!】

スポンサーリンク

【お知らせ】 

  • NEW! 11/23(木・祝)《みいつけた!ステージでショーつくば》が通常番組放送時間と別枠で45分SP→関連記事
  • 11/20-11/24は《ステージでショー/つくばスペシャルウィーク》→関連記事
  • NEW! だいすけお兄さんのカレンダーやフォトブック予約販売中 →カレンダー フォトブック
  • おかあさんといっしょ11月の今月の歌は『オカリナのリーナ』→関連記事
  • 《だいすけお兄さんの世界迷作劇場》関東公演発表→関連記事 
  • おかあさんといっしょファミリーコンサート→関連記事
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

〔目次〕

※具体的な曲名などはあげていませんが予想ができるような言い回しが登場します。もし全く何も知らないでコンサートを観たい人は閲覧ご注意ください

※こちらでご紹介するのは2017年7月25日の公演内容に基づくものです。回を重ねる中で変更されたり、別地域では公演内容が大幅に異なる可能性もありますのでご注意ください

スポンサーリンク

《だいすけお兄さんの世界迷作劇場2017》関西公演で歌われた曲は?

この記事ではプログラム(セトリ)は掲載しませんー、セトリ見たかった人はごめんなさい!

ぜひ当日のお楽しみにしてほしいのですが、お子さんが楽しめる曲が歌われるのかなど、知りたい部分もありますよね。どんな雰囲気のコンサートなのか想像つかないでしょうし・・・

ということで、おおまかな情報をお伝えします!

曲は第1部で12曲、第2部で5曲、全部で17曲歌われました。

第1部はミュージカルなので、だいすけお兄さんが登場しないシーンもあります。その場面で歌われる曲はだいすけお兄さん以外の他の出演者が歌っていますが、それぞれ場面の雰囲気をつくっていました。(とは言っても ほとんどの曲をだいすけお兄さんが歌っているので、嬉しいですが喉などに負担があるのではと勝手に心配も・・・プロなので管理されていると思いますが)

17曲中、【おかあさんといっしょ】でも歌われた曲は全部で11曲。割合も多いですし、全体的にちりばめられているのでお子さんたちも知っている曲が多くて飽きづらいと思います。小さいお子さんでも知っているような親しみやすい曲もあって、私が観た公演では会場の子どもたちも大きな声をあわせて歌って盛り上がっていましたよ。

(おかあさんといっしょの曲で、ちょっとヒント・・・ →「あ〜、この曲を卒業後、みんなの前にあらためて登場するシーンで歌うのかぁ!」と感慨深い曲や、だいすけお兄さんのソロ曲として印象深い曲、コンサートでも大定番の子どもも大人も盛り上がれるあの曲などが歌われましたー)

それ以外はこの公演の演出を手がけている岸本功喜さんが作詞、音楽を担当している小島良太さんが作曲した《名作劇場》のオリジナル曲のようです。これがまた予想以上に素敵な曲ばかりなので、「おかあさんといっしょの曲じゃないんだ〜」と思わずにぜひぜひぜひ、じっくり聴いてください〜!!(岸本さんと小島さんは、だいすけお兄さんが「オキノ」役で出演の『ミュージカル魔女の宅急便』の舞台も手がけられています)

《だいすけお兄さんの世界迷作劇場》会場の雰囲気や設備など

子どもが泣いても大丈夫!

会場によって違うとは思いますが、参考までに。

《だいすけお兄さんの世界迷作劇場》は、小さいお子さんを連れて安心して楽しめるコンサートを目指しているそうです。

だいすけお兄さんの公式ブログでも、赤ちゃんの泣き声も演出の1つなんだと書いていました。実際 7月25日の公演でも泣いているお子さんはいましたが、私も気になりませんでしたよー。特にミュージカルシーンでは、まさにBGMに・・・。泣いているお子さんの親御さんにはなかなか落ち着かないとは思いますが。

会場は、演出をされている岸本さんがTwitterで書かれているとおり少し暗めの照明だったと思います。演出でプロジェクションマッピングをつかっていたりするのでそれも関係しているのかも?スピーカーの位置にもよりますが、音や光でびっくりすることもあるかもしれません。また、ミュージカルの物語はこわい登場人物はいませんが、すこしハラハラする展開があるので子どもたちはドキドキしちゃうかも?

でも、うちのちょっとビビりな下の子(2016年スペシャルステージのワルピットに大泣き)でも泣きませんでしたので!だいすけお兄さんのことを一生懸命応援していましたよ〜。

また、第2部にはだいすけお兄さんや他の大人の出演者といっしょに、舞台に立って子どもキャストさんが歌って踊ります。自分たちと同じくらいの年頃の子どもさんたちが頑張っている姿に、うちの子どもたちは釘付けでした!皆 一生懸命でめちゃくちゃ可愛かったです!

《追記》全公演と勘違いしていましたが、公演によって出演する子どもキャストさんがが異なるようです。小さい子達は7月25日と26日の公演のみのようです

穏やかな雰囲気のコンサート

公演の雰囲気は予想以上に穏やかな、笑いあふれるコンサートでした。

だいすけお兄さんのブログでも、学生さんや子どもがいなくても一緒に楽しみたいみんな大歓迎!とありました。だいすけお兄さんが好きで観に来ている人が多いはずなので、なんとなく仲間意識があるような・・・?

私は【おかあさんといっしょ】の公演はスペシャルステージしか行ったことがないのですが、その時よりも家族連れ以外の人もお見かけした気がします。

◇だいすけお兄さん公式ブログ「ミーアキャットが・・・」

《追記》観覧マナーのことなどを、少し感想としてまとめました →《だいすけお兄さんの世界迷作劇場》とっても個人的な感想をつらつらと。

ベビーカー置き場、授乳スペース、オムツ替えスペース

こちらも会場によって異なるとおもいますが、私が行った兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール では、会場入口にベビーカー置き場がありました。

また、グッズなどを販売しているホール部分をパーティションで仕切って授乳スペースとオムツ替えスペースが用意されていました。

別会場ではどうなるかわかりませんが、お子さんを連れて行けるコンサートと謳っているので、それぞれの会場でも何かしらの形で用意されるのではないかと思います。

次のページでは、お楽しみのグッズ販売についてご紹介します!

次

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です