何が変わった?「2017年度おかあさんといっしょファミリーコンサート」チケット申込み方法・キャンセル販売・受取り・入場方法《変更点まとめ》

【お知らせ】 

  • 2017年度のEテレ関連のコンサート情報が発表されています →関連記事
  • 横山だいすけお兄さんの卒業が発表されました 関連記事
  • Eテレの卒業・改編についての記事はこちら
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

毎年大人気の【おかあさんといっしょ】のファミリーコンサート。おにいさん、おねえさん、ガラピコぷ〜たちが歌や踊りで楽しいステージを繰り広げます。

2017年度(平成29年度)5月に開催される春の東京公演の申込み方法が発表されたところ、チケットの申込み方法が昨年までと大きく変わっていました!

ファミリーコンサートのチケット申込み方法やキャンセル販売、入場方法などの変更点をまとめました。

スポンサーリンク

《おかあさんといっしょファミリーコンサート2017年度(平成29年度)》応募方法はどう変わる?

2017年度の申込み方法が変わったきっかけは、過熱するチケット転売対策のためのようです。

転売業者によるチケット買い占め、高額でインターネットなどを通じて販売されることが特にここ数年目立っていました。なんとか対策をしてほしい!という声にNHKが本腰をあげて動いたのではないかと思います。

■大きな変更があったのは、春・秋公演だけですよ!

2017年度の春公演の申込み方法が発表され、“ファミリーコンサートのチケット販売が変わった!”とザワめきが広がりました。

【いないいないばあっ!】の《あつまれ!ワンワンわんだーらんど》は2017年度も例年通りの販売方法と発表されていたので、【おかあさんといっしょ】だけ変わったのか〜と思ったのですが・・・

よくよく説明を読んだところ、その大きな変更があるのは

東京渋谷のNHKホール公演(5月の春公演、11月の秋公演)のみ でした!

NHKホール

ファミリーコンサートの全公演というわけではありませんのでご注意くださいね。

NHKホールでの東京公演(5月・11月)以外は昨年まで通りの申込み手順かと思います(現時点ではまだ他公演の詳細が発表されていないので、確認でき次第また追記します)

◆関連記事だいすけ&ゆういちろうお兄さんに会える!2017年GW「おかあさんといっしょファミリーコンサート・春の東京公演」申込み方法(5月3日〜6日開催)

◆関連記事:ワンワンわんだーらんど申込み方法はこちら →【徹底解説】チケット申込み方法&コツ《いないいないばあっ!あつまれ!ワンワンわんだーらんど》2017年度|気になる倍率は?

それでは、NHKホールで開催されるファミリーコンサート(5月の春公演と11月の秋公演)の申込み方法の変更点はこちら!

2017年度(平成29年度)ファミリーコンサート春・秋公演(NHKホール開催)応募方法など変更点まとめ

※上でも記載しましたが、以下の変更点は東京渋谷のNHKホール公演(5月の春公演、11月の秋公演)のみ該当なのでご注意ください。

(1)  電話ではなくWeb申込みへ

パソコンスマホ

昨年までは電話での申込みでしたが、2017年度からは

「おかあさんといっしょファミリーコンサート」専用の「チケット申し込みサイト」 から行います。電話やハガキによる申込みはありません。

先着順ではなく、期間内に申込みをすればOK。ただし、申込み多数の場合は抽選となります。この点は例年と同じですね。

なお、申し込みの前に専用サイトでの会員登録(無料)が必要です。申込み開始前にも手続きができるので、事前に登録しておくとスムーズですよ〜。
(NHKネットクラブで会員登録されている方も新規に会員登録が必要です)

◆関連記事【手順説明】おかあさんといっしょファミリーコンサートチケット申込み専用サイト「Ticket Every!」会員登録方法【画像付き】

また、当落の確認も昨年までは電話でしたが、同じ専用サイト内「マイページ」で確認することになります(登録したメールにもお知らせがあります)

(2) 当選は一人1公演のみ

1

チケットの申込みは、希望枚数4枚まで・第8希望まで選択が可能です。

ただ、8公演のうち複数当選することはなく、当選するのは1人につき1公演のみとなります(第8希望まで全て落選することも十分あり得ます・・・)。

正確に言うと“1会員あたり1公演のみ当選”ということなので、代表者だけが申し込むのではなく一緒に観に行く人(家族や友人)も専用サイトの会員となって申込みをすれば、当選確率はあがることになるはずです。

※架空の応募者情報での申込みはやめましょう〜。判明した場合 抽選対象外となります

(3) キャンセル販売の「チケットぴあ」販売はなし!

 2016年度はキャンセル分のチケットは「チケットぴあ」で再販されました。が、2017年度の春・秋公演ではチケットぴあでの再販はありません!

キャンセル販売ではなく「繰上当選」が行われます。

これは、当選者からキャンセル(チケット代金の未入金)がでた場合、「繰上当選」を希望していた人を対象に抽選をおこない、繰上で当選するシステムです。

チケットぴあに朝早く並んでキャンセルチケットを努力で手に入れる・・・ということは出来ないわけですね。すべてはコンピューター上で行われる抽選、運まかせと言いますか。

潔いような、運命をすべてゆだねることになるので歯がゆいような・・・

(4) 座席は当日の入場時までわからない!

NHKホール座席表

例年ですとチケットを発券すると「座席番号」が記載されていて、会場の座席表とにらめっこして良い席かどうかで一喜一憂するのですが、今回は当日にならないと座席がどこかわからないシステムになっています。

これは良席のチケットが高額で転売されることへの対策です。

座席は当日までわかりませんが、チケット自体は会場に着くまでに発券しておく必要がありますのでご注意ください。チケット発券期間に発券・受取を忘れないように!

※申込みの際に、ファミリーマートの「Famiパス」での紙チケット(入場引換券)発券 または QRコードのデジタルチケットのどちらかを選択します

入場の際に入場口で「座席券」が発券されて座席位置を確認することができます

なお、座席番号は事前に抽選で決まっているので、先着順ではありません。入場順に席を選ぶわけではないので慌てなくてOKです!

◇入場方法などはこちらをご確認ください →おかあさんといっしょファミリーコンサートチケット申込み専用サイト「Ticket Every!」

☆注意事項

※お申し込みに際してこの他にもいくつか注意点があります。スムーズに手続きができるよう、下記の公演サイトを申込み前に必ずご確認ください

◇春の東京公演 →NHKイベント・インフォメーション-NHK春のチャリティーコンサート「おかあさんといっしょファミリーコンサート」


転売対策が講じられて変更になった春・秋の東京公演ですが、ぜひこの変更で適正な価格で必要とする人にチケットが届くようになってほしいですね。

「入場引換券」「デジタルチケット」には購入者の名前が記載されるとのことですが、身分証明書などの確認をして本人確認がおこなわれるということは説明に記載がないので、他のアーティストが行っているような転売対策の高セキュリティ(?といっていいのか)な入場とはならないようです。

申込み自体もフリーメールを大量につくって申し込めば当選確率があがるだろうな・・・とか、コツは色々でてきそうですね。もちろん旧システムよりは確実に前進すると思いますが、転売ヤーがつけ込む隙がないと良いなぁ、とやや心配。

個人的な意見ではありますが、転売をなくすためには販売方法や入場方法を工夫することはもちろん必要でしょうが、私たち購入者にできる一番大きなことは「転売チケットを買わないこと」!大好きなコンサートや出演者の仕事を守るためにも、みんながそれを守っていけたら・・・と思います。


◆関連記事【手順説明】おかあさんといっしょファミリーコンサートチケット申込み専用サイト「Ticket Every!」会員登録方法【画像付き】

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です