『ほしのうた』あつこお姉さんソロver.は天使?星の妖精が歌ってる?【おかあさんといっしょ】

スポンサーリンク

【お知らせ】 

  • New! 8/16ガラピコぷ〜に「新聞記者ビービル」登場!放送内容 →関連記事
  • New! Eテレの2017年夏特集を放送予定まとめています →関連記事
  • 8/14(月)〜おかあさんといっしょ夏特集第2弾 →関連記事
  • 7/31〜おかあさんといっしょ夏特集第1弾はよしーずブートキャンプ?りさサイズ? →関連記事 ※再放送についてはこちら
  • 横山だいすけさんソロCD「さよならだよ、ミスター」特典ポスターについて→関連記事
  • オススメ 横山だいすけさん卒業後の活動についてまとめています →関連記事
  • オススメ 2017年度スペシャルステージ2017の情報をまとめています →関連記事
  • お知らせ おかあさんといっしょファミリーコンサート秋の東京公演他、詳細発表されています →関連記事
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「おかあさんといっしょ」の6月8日(水)では、あつこお姉さんが歌う『ほしのうた』が放送されました。

星の輝きのような歌声と白い服を着たあつこお姉さんの姿は、まるで天使か星の妖精のよう。そしてこちらを見つめるあつこお姉さんの眼差しに、静かな曲なのにドキドキしてしまいます。

(『ほしのうた』作詞:井出隆夫さん/作曲:渋谷毅さん)

スポンサーリンク

短い曲に、豪華さたっぷりつめこんだ『ほしのうた』

静かなシンプルなメロディーと、短い歌詞。でも一度聴くと言葉が心にとどまって、メロディーがいつまでも記憶のなかで奏でられるような曲です。

それもそのはずと言うか、『ほしのうた』の作詞家、作曲家のお二人は「おかあさんといっしょ」はもちろん、それ以外でも大きなご活躍をされている偉大な方々でした。

作詞:「にこにこぷん」原作・脚本・作詞、『北風小僧の寒太郎』作詞の井出隆夫さん

作詞をされた井出隆夫さんは作詞家・脚本家として、「おかあさんといっしょ」にはなくてはならない人物といって過言ではないでしょう。

あの懐かしの人形劇『にこにこぷん』や『ドレミファ・どーなっつ!』の原作・脚本・作詞を担当!劇中歌の作詞だけではなく原作・脚本も担当されていたということで驚きです。また、いまや”おかあさんといっしょの曲”としてではなく広く広く知られ歌われている『北風小僧の寒太郎』や『ありがとう・さようなら』などの作品の作詞もされています。最近では「フックブックロー」の脚本・作詞も。

「おかあさんといっしょ」の〈今月のうた〉では、『あつまれ!ファンファンファン』『ふゆのおと』『あのねママ』『みらいくんとゆめみちゃん』『きらきらきらりん・みゅーじかる』などの作詞も担当されていました。

さらに!「おかあさんといっしょ」のお仕事だけでもインパクトが強いのですが、井出さんはペンネームである〈山川啓介〉名義で数々の大ヒットした歌謡曲やアニメ・特撮ヒーローシリーズの主題歌などの作詞のお仕事もされています。『太陽がくれた季節』、『聖母たちのララバイ』、『ふれあい』、『時間よ止まれ』、『銀河鉄道999』(共作詞)、『哀愁のカサブランカ』(訳詞)など、聴いたことがある曲ばかり!また、『宇宙刑事ギャバン』など特撮ヒーローシリーズの主題歌や挿入歌も長く担当されていました。

作曲は『おしゃれフルーツ』『ふゆっていいな』『かにのおじさん』の渋谷毅さん

作曲をされた渋谷毅さんは、2016年6月の〈今月のうた〉である『おしゃれフルーツ』や、最近衝撃クリップだった『かにのおじさん』、あつこお姉さんの思い出曲『ふゆっていいな』などの作曲をされています。

「おかあさんといっしょ」の〈今月のうた〉でも多数の曲を提供されていますが、ジャズピアニスト、作曲家としても様々な受賞歴があり、編曲家としては坂本九さん『見あげてごらん夜の星を』、パープルシャドウズ『別れても好きな人』の編曲を担当するなど、ご活躍の幅が広い!

◆渋谷毅さんの作品についてはこちらの記事もあわせてご覧ください →子ども泣き出す衝撃作?!『かにのおじさん』・よし兄りさ姉の顔芸がプロすぎる!【おかあさんといっしょ】

◆『おしゃれフルーツ』の記事はこちら →今月のうた『おしゃれフルーツ』あの黄金コンビがあつこお姉さんに贈る曲?ー2016年6月【おかあさんといっしょ】

あつこお姉さんが天使か星の妖精のよう!

さて、そんな偉大なお二人によって作られた『ほしのうた』を、あつこお姉さんが星空に響くように歌い上げました。

星が美しいのは、それはあの星がやがて生まれてくる子どもたちだから。そんな星の言葉を聞くには、耳じゃなくて目できくんだよ・・・子どもに語りかけるような優しい言葉ですが、大人の方が心に響く歌詞かもしれませんね。

白い服を着て雲の上のような星空の下でこの曲を歌うあつこお姉さんは、天使のような、星の妖精のような。あつこお姉さん自身も夜空に輝く星のような雰囲気です。シンプルな格好をしているからこそ、美人さが際立っていて、画面ごしに見つめられるとドキドキしちゃいました(笑)。

ほしのうた

こういう曲はあつこお姉さんの歌声にあいますね。そして何より、歌を歌うこと、カメラに向かっての視線などが堂々としていて、就任当初に流れていたクリップとの差をたった2ヵ月なのに感じました。かなり気が早い話・・・たくみお姉さんの卒業時の最後の放送では「アイスクリームのうた」がたくみお姉さんの象徴のように流れましたが、あつこお姉さん卒業時にはこの『ほしのうた』を流してほしい!それくらい、あつこお姉さんソロ曲としての魅力を感じました。

そうそう、『ほしのうた』はたくみお姉さんとだいすけお兄さんコンビ時代は2人で歌う曲でした。これまた天使か妖精のような2人が歌い、舞っているクリップでしたね。今井ゆうぞうお兄さんとはいだしょうこお姉さんの時は、二人ともパジャマを着ていた記憶があります。今回はあつこお姉さんのクリップとして完成されている気がしますが、だいすけお兄さんの登場がなかったのはやっぱり残念!う〜ん、この意味は・・・?2016年春の卒業パターンの逆を想定してないだろうかと心配になります(でもそんなのイヤだから否定しおく!I)

これから夏、七夕に向けて星が話題になることも増えそうです。楽しい曲や賑やかな曲も多い「おかあさんといっしょ」の歌なかで、キラリと光る星のようなこの曲が流れるのも楽しみにしています。


★その他「おかあさんといっしょ」の番組で流れた歌の一覧はこちら →おかあさんといっしょ《番組で流れた歌》ピックアップ一覧(横山だいすけ・小野あつこ時代/2016年度〜)

だいすけお兄さん・たくみお姉さん時代の『ほしのうた』はDVD「カオカオカ〜オ」に収録されています。


関連記事

あつこお姉さんの順応力に拍手!腕グイ・変顔・おにのパンツ・前髪と話題続々・・かわいい21代目うたのおねえさん【おかあさんといっしょ】

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です