【おかあさんといっしょ】2018年6月・今月の歌『きらららダンス』は雨の日が楽しくなる曲|DE DE MOUSEの遠藤大介さん楽曲提供

スポンサーリンク

【お知らせ】 

  • NEW!《おかあさんといっしょスペシャルステージ2018》が9/24テレビ放送→関連記事
  • NEW!《おかあさんといっしょスペシャルステージ2018》感想 / 気になるあの出演者
  • NEW! おかあさんといっしょ最新ベストCD「ゾクゾクうんどうかい」10/17発売→関連記事
  • 「みいつけた!」新エンディング曲『さばくにおいでよ』→関連記事
  • 「おかあさんといっしょ」2018年9月の月歌は『やさしいうた』→関連記事
  • 2018年度【おかあさんといっしょ】曜日別放送内容まとめ→関連記事

【イベント関連のお知らせ】 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

【おかあさんといっしょ】2018年6月の《今月のうた》は、『きらららダンス』

雨の日も踊って楽しく過ごしたくなる、梅雨の時期にピッタリ曲です。

作詞は遠藤大介さん・作曲は遠藤大介さんソロプロジェクトのDÉ DÉ MOUSE。今までにない雰囲気の【おかあさんといっしょ】の月歌に感じます。あつこお姉さん・ゆういちろうお兄さんの心弾む歌声も心地良い!

◇『きらららダンス』 作詞:遠藤大介さん/作曲:DÉ DÉ MOUSE/アニメーション:加藤道哉さん、神山麻美さん、サイクロングラフィックス

『きらららダンス』の楽曲が配信されています レコチョクitunes

スポンサーリンク

〈2018年6月・今月のうた〉雨の日も楽しく『きらららダンス』

タイトルだけではパッとわからないのですが、『きらららダンス』は雨の日の曲です。

静かな曲の出だしを聴いて しっとり静かな雨の日を歌っているのかと思っていると、ぽつりぽつりと降り出した雨がザーッと本降りの雨に変わっていくようにサビに向けてどんどんと音が膨らんで盛り上がっていきます。

“♪キラキラー ララララー 「ダンスをおどろう!」”

と歌われるサビでは、音がワーッとひろがってパーティー会場のよう! 傘についたキラキラ光る雨のきらめきや、ザーザーと降る拍手のような雨音は、確かにダンスを盛り上げる演出のようでもあります。黄色いカッパの子、オレンジの傘が雨粒の世界で楽しく踊るアニメーションにイメージがふくらみます。

雨というと大人はつい憂鬱にうけとめがちですが、子供にとっては空から降ってくる透明な雨粒はキラキラと魅力的で、傘にポツポツとあたる音のひとつひとつをとっても興味深くて楽しい出来事だったりします。『きらららダンス』の曲を聴きながら、6月の梅雨の日も ステップを踏んで楽しく過ごしたいですね。

◇『きらららダンス』の歌詞は「おかあさんといっしょ」番組ホームページの「こんげつのうた」コーナーに掲載されています →おかあさんといっしょ-こんげつのうた

6月の〈今月のうた〉というと「雨」の印象が強い?

6月の〈今月のうた〉が雨にちなんだ曲というのは、梅雨の時期なのでなんとなく“やっぱり”な印象がありますよね。そこで、気になって過去の6月の月歌を調べてみました。

雨(お天気)にちなんだ6月の歌ではこんな曲がありました(ザッとあげているだけなので、全てではありません)。

  • 『あめのひドキドキ』ゆういちろうお兄さん・あつこお姉さん時代/2017年6月
  • 『ながぐっちゃん!!』横山だいすけお兄さん・三谷たくみお姉さん時代/2008年6月
  • 『おてんきじどうはんばいき』杉田あきひろお兄さん・つのだりょうこお姉さん時代/2002年6月
  • 『あめふりりんちゃん』杉田あきひろお兄さん・つのだりょうこお姉さん時代/2000年6月
  • 『おニューのゴムなが』速水けんたろうお兄さん・茂森あゆみお姉さん時代/1996年6月

去年・今年と雨の歌がつづいたのでもっとたくさんある印象がありましたが、あらためて振り返ってみるとけっこう少ないんですね。

ちなみに6月の月歌には『どんな色がすき』『銀ちゃんのラブレター』『公園にいきましょう』『ぼくときみ』『ガリダリシュッポン!』『ほっとけーきはすてき』『新幹線でゴー!ゴ・ゴー!』『みんなのリズム』『ひかるみらい』などがあります。元気な歌や明るい曲が多く、この曲が6月の月歌だったのか〜と意外なものもありました。

『きらららダンス』の制作陣は

作詞作曲は、名義はちがうけれど遠藤大介さん(作曲:DÉ DÉ MOUSE)

『きらららダンス』の作詞は遠藤大介さん、作曲はDÉ DÉ MOUSE(デデマウス)。すみません、最近の流行にうとい私はわかってなかったのですが、DÉ DÉ MOUSEは遠藤大介さんのソロプロジェクトとのことなので、名義は違うものの実質はお一人で制作されたということですね。

遠藤さんのつくり出す音楽の特徴をWikipediaから引用すると、

“ポップで計算されたメロディと、民族音楽を基調とした不思議なエレクトリックボイスが話題となり、インストゥルメンタルの新人としては異例の大ヒットを遂げる(出典:Wikipedia)”

・・・なんか難しいけど、でも『きらららダンス』を聴いて「あれ?いつもの【おかあさんといっしょ】の音楽とはちょっと雰囲気がちがう!」と思った理由が納得できた気がします!(説明はできないけど 汗)。

遠藤大介さんは作曲・編曲・プロデューサー・キーボード・DJの他、ご自身の曲のプログラミングやミックス、映像まで手がけられています。また、ファッションショーの音楽やコラボレーションだけでなく、ファッション誌『装苑』のモデルまでやられているとのことで、なんとも多才。

木村カエラさん等への楽曲提供のほか、Eテレ関係では【見えるぞ!ニッポン】のオープニングテーマ曲や、天てれドラマ『『東京特許許可局』の音楽などを手がけられています。

アニメーション:加藤道哉さん、神山麻美さん、サイクロングラフィックス

黄色いレインコートの男の子とオレンジの雨傘、そして雨粒が登場するちょっと不思議で楽しいアニメーションを手がけたのは監督:加藤道哉さん、アニメーター:神山麻美さん、アニメーション制作:サイクロングラフィックス。ずらりと名前が並んでいたので驚きました(笑)。

加藤道哉さんは今回の『きらららダンス』のアニメーション制作に名前が並んでいるサイクロングラフィックスの代表取締役とのこと。神山麻美さんについては調べてみたところちょっとわかりませんでした。

加藤道哉さんは、リリー・フランキーさん原作のアニメ『おでんくん』の監督をされていた他、2014年3月にEテレで放送された『ナンダカベロニカ』の監督・キャラクターデザイン、『図書館戦争』『クレヨンしんちゃん』『傷物語』などの制作に携われています。


『きらららダンス』の楽曲が配信されています レコチョクitunes

◆今月のうたの一覧はこちらの記事で →おかあさんといっしょ《今月のうた》一覧(ゆうあつコンビ:花田ゆういちろう・小野あつこ時代/2017年度〜)

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です