おかあさんといっしょ・夏の《スペシャルステージ》は正直言ってオススメなの?ファミリーコンサートとの違いや注意点は?

スポンサーリンク

【お知らせ】 

  • NEW! 【みいつけた!】《サボ子のドキドキリポート〜チアリーディング編〜》の再放送は5/25(金)→関連記事
  • 《おかあさんといっしょ春のファミリーコンサート2018》テレビ放送予定→関連記事
  • 「映画おかあさんといっしょ はじめての大冒険」前売り特典の内容・価格・販売場所など→関連記事
  • 新作〈サボ子のドキドキリポート〜チアリーディング編〉など【みいつけた!】放送スケジュール→ 5/21〜5/25
  • 2018年度【おかあさんといっしょ】曜日別放送内容まとめ→関連記事

【イベント関連のお知らせ】 

  • NEW!《おかあさんといっしょスペシャルステージ2018》開催発表→さいたま公演大阪公演
  • NEW!《みいつけた!ステージでショー》が7/1千葉県で開催(無料・公開収録)→関連記事
  • NEW! 第二弾《だいすけお兄さんの世界迷作劇場2018-19》西日本ツアー開催場所・スケジュール→関連記事
  • 横山だいすけさんCD発売リリースイベント(ハイタッチ会)は5/22〜5/27→関連記事
  • 横山だいすけさんバースデーパーティーイベント応募方法→関連記事
  • スタジオ収録〔東京5月募集分〕おかあさんといっしょ  おとうさんといっしょ
  • 《あつまれ!ワンワンわんだーらんど》2018年度の公演スケジュール関連記事   
  • 《おかあさんといっしょファミリーコンサート》2018年度の公演スケジュール関連記事   
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

《スペシャルステージ》のメリット・デメリットは?—つづき—

✕【デメリット】チケットの客席の分け方が微妙・・・

「じゃぁいいことばかりじゃないか!」というと、《スペシャルステージ》にもデメリットはあります。

なんとも思わない方もいるとは思いますが、私個人の正直な気持ちを言うと、《スペシャルステージ》はチケットの分け方がちょっと微妙な気がします・・・。

S席(アリーナ・スタンド)、A席(スタンド)の2種類で、「アリーナ」「スタンド」という区分でわかれていません。ステージの目の前のアリーナをねらってS席のチケットを申し込んでも、S席に指定されているスタンドの一番後方の席になる可能性もあるのです。

ちなみにさいたまスーパーアリーナの客席はこちら↓

さいたまスーパーアリーナ場内図

どうですか?ステージ前のアリーナ席と、スタンドの後方のS席がいっしょの扱いって・・・。私は初めて行った年にアリーナに期待してS席のチケットを購入しましたが、座席はS席のほぼ後ろの方、しかもステージに対して斜めの位置だったのでステージ上のスクリーンを見るのもちょっとわかりにくい・・・という感じでした。2年目は、S席チケットで残念な思いをしたくなくて初めから先行申込はA席を指定して、スタンドでもかえって割り切って見ることができた、という感じでしょうか。

先行販売にこだわらずに、一般販売の先着順のときにアリーナ席をねらって早く早く早く購入にこぎ着ければいいのかな〜とは思うのですが、子連れで一般販売で良席ねらうのも難しいですし、一般販売の販売開始後の混雑が落ちついた頃にインターネットで購入した場合は、おそらくアリーナは難しいでしょうし・・・

「アリーナ席」「スタンド席前方」「スタンド席後方」という分け方で、チケットの値段を変えての販売ではダメなのかな〜と思ってしまいますね、ハイ。

(ちなみにスペシャルステージ参戦3年目となった去年の2016年は、先行販売にまさかの落選!一般販売の日に子連れでLoppi待機して、結果的にアリーナ席をGETしました!大変だったし心臓に悪かったけれど、ラッキーでした)

 ✕【デメリット】舞台までが遠い、わかりづらい

これは実際に《スペシャルステージ》を観に行った私の個人の感想ですが、会場が広いので舞台まで遠い!もちろん、舞台に近いアリーナ席をとることができたらこれ以上にない楽しみだと思うのですが、客席の割合で考えるとステージから遠い席になる観客は多いはずです。スタンド席から観ると、やはり出演者の姿は小さく見えますね。私は大坂城ホールに行きましたが、さいたまスーパーアリーナは大坂城ホールの収容人数の倍以上なので、ということはもっと舞台が遠くなるのかな??と。

ただし、一応その点は考慮されています。ステージ上部に4方向に向かって大きなスクリーンが設置されていて、カメラで撮ったおにいさん・おねえさんたちの姿がリアルタイムに大きく映し出されます。ですので”遠いから出演者の顔がまったく見えない”ということはありませんし、《ファミリーコンサート》などの3階席よりも、カメラ越しといえども出演者の顔はしっかり見ることができるメリットはあると思います。

その上でさらに”ただし”、と続くのですが、スクリーンに映し出されるのはステージの一部なので、ダイナミックに動く舞台全体も観たいと思うと、スクリーンを見て〜舞台見て〜という目の動きがけっこう難しい。小さい子だと、どこを見ていいのかわからないのでは??と思ったのが私の正直な感想です。

✕【デメリット】演出が大がかりでビックリ・複雑でわかりづらい

これは人によって意見がわかれると思いますが、一応個人の感想として。

《スペシャルステージ》の舞台は、大きな会場と大がかりなしかけ・舞台が客席の中央にすえられたならではの見せ方・大人数の出演者がいれかわり立ち替わり時には同時に歌って踊るというダイナミックなステージが魅力です。

とても楽しいし、その場にいてものすごーーく興奮します!が・・・

音も光も駆使しているので、小さいお子さんではビックリしてしまう子もいます。私も初めて行った年は音の大きさに驚いて、当時0歳だった下の子が泣かないか、耳に大丈夫かと心配になりました。下の子が1歳半の時には、眠かったのもありますが音に怖がって外に出たがったりとヒヤヒヤ(その後、ワンワンの登場によりなんとかセーフ・・・汗)。

さらに、3年目の2016年は幸運にもアリーナ席をとれたのですが、下の子(2才)が音や光の演出とキャラクター(ワルピット)を恐れて始まってすぐから号泣、けっきょくその後はステージを見ることができませんでした〜。

年によっては、出演者も多くて凝ったストーリー展開のステージになっているので、3歳くらいの子どもでも理解するのがちょっと難しいことも。”いろいろ変わっていろいろ出てきて面白い!”という子どもながらの楽しみはできると思うのですが、きちんとストーリー展開を理解しているかというと微妙な感じでした。上の子の反応でいうと、2歳ではとりあえずその場その場を楽しみ、3歳ではもう少し理解しようとしていたけれどちょっと難しそうだった、という感想です。

お子さんの年齢によってだいぶ印象がかわりそうですよね。

そこで、スペシャルステージに行った我が家体験を、年齢別にまとめました!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です