おかあさんといっしょ「スペシャルステージ2018」先行販売と一般販売の違い・メリット&デメリットは?

スポンサーリンク

【お知らせ】 

  • NEW! 「みいつけた!」オフロスキー新曲『いいことあるさ』10月29日(月)公開→関連記事
  • 「おかあさんといっしょ」2018年10月の月歌は『かたっぽちゃん と かたっぽちゃん』→関連記事
  • 2018年度【おかあさんといっしょ】曜日別放送内容まとめ→関連記事

【イベント関連のお知らせ】 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

《おかあさんといっしょスペシャルステージ》のチケット〜先行販売・一般販売のメリット&デメリットは?

簡単に〈先行販売〉と〈一般販売〉の違いをご説明しましたが、これだけではどちらを買うのが良いかまだ良くわからないかもしれません。

そこで、個人的な視点ですがそれぞれのメリットとデメリットをあげてみました!

※ここから先に「良席」という言葉をつかっていますが、この記事では単純に、お兄さん・お姉さんがとの距離が近い前方の席(アリーナ席、スタンド前方)の意味で書いています。前の席ではお子さんがビックリしてしまうので後ろの方でゆっくりみたいなど、ご家庭によって事情は異なると思いますがご了解ください

メリットデメリット

〈先行販売〉のメリット&デメリットは?

会員限定の先行販売の特徴から、大きなメリットはこちらの2つ!

  1. チケット申込みのチャンスが増える!(先行販売の抽選にもれても、一般販売で購入するチャンスがまだある!)
  2. 先着順ではなく申込み後抽選なので、小さい子どもがいても時間の余裕をもって申込みができる

申込み自体もインターネット上の操作なので、どこかに行く必要はありません。家で子どもがお昼寝している時に申込みをすることだって可能!しかも申込み期間は約6日間あって先着順ではないので、ゆっくり申し込むことができます。

「え、いいことばかり!先行販売にしよう♪」と思ったそこのあなた!実は先行販売にもデメリットはあるのです!それは

  • 良席を確保できるかは、運

ということ。

S席、A席は申込時に選択できるのですが、その中でどこの座席になるかは完全に運です。こちらがどうしようもありません。なので、S席(アリーナまたはスタンド席の主に前方)を申し込んでいても、座席範囲の中で一番後方になる可能性があります。

ちなみに、私も以前はこのパターンでほぼA席と言っていいような席で観ることになり、「S席で申し込んだ意味とは・・・」となりました。

◆関連記事:「おかあさんといっしょスペシャルステージ2018」先行販売チケット(すくコム会員限定)申込み方法&注意するポイントは?

〈一般販売〉のメリット&デメリットは?

続いての一般販売は、デメリットから先にお伝えします。

  1. チケットを申し込むチャンスがこれ1度きり!(購入できなければアウト)
  2. 先着順なので出遅れると希望チケットがない場合もある
  3. 良席希望の場合は販売開始時に即申込みしたいけど・・・小さい子どもを連れている・仕事や用事があると即時購入が難しいことも

わぁ・・・我ながらイヤなことばかり書きましたね(汗)。

一般販売は申込み方法が「店頭」「電話」「インターネット」と何種類かありますが、例年チケットが人気で開始直後から申込みが殺到します。そのため、「電話」と「インターネット」は混み合ってつながらない場合が多いのです。そうすると「店頭」の購入がオススメになるのですが、本当に良席を希望する場合は、たとえばローソンのLoppiで販売開始と同時に申込み手続きをする必要があり、これって小さいお子さんを連れている場合などはけっこう大変ですよね・・・

◆関連記事いざ、一般販売!!《スペシャルステージ2017》チケットの取り方・コツを総まとめ!【おかあさんといっしょ】

こうやってみると一般販売にはまるでいいところがないように思えますが、大きな大きなメリットがあります。上の文中でも触れていますが

  • 頑張れば良席をとれる可能性がある!

これです。先着順はどうやっても良席になるかは運任せですが、一般販売はチケット販売の激戦を乗り越えれば、ある程度の良席をとれる可能性があります。これはやっぱり魅力的ですよね!

すごく大変そうなことばかり書きましたが、販売開始と同時にチケット争奪戦に飛び込むのはちょっとハードすぎると感じる人もきっと多いのではないでしょうか。ご安心ください!前の方の席にこだわらなければ、店頭ではなく電話やインターネットでの申込みにして家から手続きをすることもできます(運良く早く回線がつながれば、席も前の方になる可能性もあります)。

また、販売開始の直後に申込みをしなくても、席をとることはある程度可能だと思います!2017年は横山だいすけお兄さんがゲスト出演する影響か、チケットをとるのが難しい印象を受けましたが、2016年までの印象では販売開始から数日はチケットが普通に購入できました。個人的な予想ではありますが、2018年は席にこだわらない場合は決死の覚悟で一般販売にのぞまなくても大丈夫な気がします。

 

さて、色々書きましたが、それでは〈先行販売〉と〈一般販売〉、どちらオススメなのか?次のページで比較表でまとめました!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です