おかあさんといっしょ『やさしいうた』|坂田おさむお兄さん作詞作曲・「マムアンちゃん」で有名なタイの漫画家タムくんがアニメイラスト(2018年9月の月歌)

スポンサーリンク

【お知らせ】 

  • NEW! 「みいつけた!」オフロスキー新曲『いいことあるさ』10月29日(月)公開→関連記事
  • 「おかあさんといっしょ」2018年10月の月歌は『かたっぽちゃん と かたっぽちゃん』→関連記事
  • 2018年度【おかあさんといっしょ】曜日別放送内容まとめ→関連記事

【イベント関連のお知らせ】 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

【おかあさんといっしょ】2018年9月の〈今月のうた〉は、『やさしいうた』です。

かわいいアニメーションと、あつこお姉さん・ゆういちろうお兄さんが言葉を交わすような歌声に癒やされる、まさに“やさしいうた”です。

◇『やさしいうた』(作詞・作曲:坂田修一/編曲:池 毅/絵:タムくん/アニメーション:森岡牧子)

◆関連記事:その他の〈今月のうた〉一覧はこちら ⇒おかあさんといっしょ《今月のうた》一覧(ゆうあつコンビ:花田ゆういちろう・小野あつこ時代/2017年度〜)

★『やさしいうた』は2018年10月に発売される最新ベストにも収録されます

スポンサーリンク

2018年9月の〈今月のうた〉:じんわりと深い『やさしいうた』

この曲は、とてもシンプルで、素直な言葉とメロディーで形作られた曲の印象を初め受けました。

新しい出会いや挑戦をする子供たち。それは全部、愛おしく「やさしいうた」になるんだよ。
みんなでいっしょに歌おう、そうすれば世界はもっと優しくなる。
「やさしいうた」を忘れてしまったら、思い出して。

そんな優しい言葉でつづられた、やさしい世界を歌う「やさしいうた」。ほんわかと温かく可愛らしい歌ですが、聴くほどにじんわりした深さを感じました。

ちょっと長くなりますが…

人は、何か美しいものや新しい発見をしたり人とふれあったりしたときに、心が揺さぶられ、満たされ、そして豊かな気持ちになる気がします。心が豊かになると、そんな美しい世界を大事にしたい・守りたいという気持ちが、「やさしいこころ」を生み出す気がするのです。自分が感じた美しい世界の物や景色や人を守りたくて、ありがとうと言いたくて、その気持ちを広げたくて、周りの人に優しくなった経験が、あなたにもないでしょうか?

そんな豊かなこころが増えて、みんなが「やさしいうた」を歌ったら、きっと世界はもっと優しさに包まれてあったかい世界になることでしょう。でも今の世界は、ささやかな出来事でも生まれてくる「やさしいうた」の歌声が少し小さいのかもしれません。それは「やさしいうた」を忘れてしまっている瞬間や、人が増えてしまっているから。

この歌の最後の歌詞で繰り返される「きっとおもいだすよ やさしいうた」の言葉。ここには、決してみんなが「やさしいうた」を失くしたのではなく忘れているだけなんだよ、そして思い出せるんだよ(だから思い出して)という願いや思いがこめられているのではないかと。

そう思いながらあらためて『やさしいうた』を聴くと、曲全体のシンプルな言葉の力強さに、「は〜〜〜(言葉にならない)」ってなっちゃいます。(いつものごとく、あくまでも私の勝手な思い入れの感想ですけどね!)

ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さんがかわるがわる歌うこの曲。一歩ずつ歩きながらつぶやき、言葉をかわして積み上げるような歌い方が印象的でした。
まさに、やさしい歌声で歌われている「やさしいうた」ですね。

◇歌詞はおかあさんといっしょ番組ホームページをご覧下さい→おかあさんといっしょ-こんげつのうた

 作詞・作曲:坂田修一さん(7代目うたのお兄さん・坂田おさむさん)

作詞作曲をされた坂田修一さんは、7代目うたのお兄さんの坂田おさむさんです。

おさむお兄さんはおかあさんといっしょに多くの楽曲を提供されていますが、「坂田修一」名義は今回が初めてではないでしょうか(これまでは坂田修だったはず)。私の記憶では、2017年のスペシャルステージで歌われた新曲『エイエイオー!』で初めて「坂田修一」のお名前をみました。

おさむお兄さんの歌は心に響く素敵な曲ばかり。月歌だけでもこんなに提供されているんですよ。その数は、歴代の月歌の中で最多の楽曲提供者とのこと。今まで制作に携わった曲はこちらです(敬称略)。

  1. 『わっしょい』 作詞・作曲/1987年10月/坂田おさむ&神崎ゆう子時代
  2. 『みんなでクリスマス』 作詞・作曲/1989年12月/坂田おさむお兄さん&神崎ゆう子お姉さん時代
  3. 『かあさんカラス』 作詞・作曲/1991年9月/坂田おさむ&神崎ゆう子時代
  4. 『どんな色がすき』 作詞・作曲/1992年6月/坂田おさむ&神崎ゆう子時代
  5. 『つめ・かみ・みみ太郎』 作詞・作曲/1992年9月/坂田おさむ&神崎ゆう子時代
  6. 『星ひとつ』 作曲/1993年2月/坂田おさむ&神崎ゆう子時代
  7. 『ぼくらのロコモーション』 作詞・作曲/1993年5月/速水けんたろう&茂森あゆみ時代
  8. 『元気のキホン』 作詞・作曲/1993年10月/速水けんたろう&茂森あゆみ時代
  9. 『にじのむこうに』 作詞・作曲/1996年4月/速水けんたろう&茂森あゆみ時代
  10. 『公園にいきましょう』 作詞・作曲/1997年6月/速水けんたろう&茂森あゆみ時代
  11. 『どっこいしょ』 作曲/1997年12月/速水けんたろう&茂森あゆみ時代
  12. 『マカポカヒラリン』 作曲/1998年3月/速水けんたろう&茂森あゆみ時代
  13. 『あしたははれる』 作詞・作曲/1999年3月/速水けんたろう&茂森あゆみ時代
  14. 『シアワセ』 作詞・作曲/1999年10月/杉田あきひろ&つのだりょうこ時代
  15. 『夢のパレード』 作詞・作曲/2000年10月/杉田あきひろ&つのだりょうこ時代
  16. 『タンポポ団にはいろう!!』 作詞・作曲/2003年5月/今井ゆうぞう&はいだしょうこ時代
  17. 『風のおはなし』 作詞・作曲/2004年5月/今井ゆうぞう&はいだしょうこ時代
  18. 『とんでもトン吉』 作詞・作曲/2004年10月/今井ゆうぞう&はいだしょうこ時代
  19. 『しろいともだち』 作詞・作曲/2006年2月/今井ゆうぞう&はいだしょうこ時代
  20. 『夢の中のダンス』 作詞・作曲/2007年9月/今井ゆうぞう&はいだしょうこ時代
  21. 『君に会えたから』 作詞・作曲/2008年3月/今井ゆうぞう&はいだしょうこ時代
  22. 『ありがとうの花』 作詞・作曲/2009年10月/横山だいすけ&三谷たくみ時代
  23. 『キッチンオーケストラ』 作詞/2011年5月/横山だいすけ&三谷たくみ時代
  24. 『みんなだれかがすきになる』 作詞/2012年2月/横山だいすけ&三谷たくみ時代
  25. 『地球ぴょんぴょん』 作詞・作曲/2014年2月/横山だいすけ&三谷たくみ時代
  26. 『メダルあげます』 作詞・作曲/2015年11月/横山だいすけ&三谷たくみ時代
  27. 『やくそくハーイ!』 作詞・作曲/2017年2月/横山だいすけ&小野あつこ時代
  28. 『やさしいうた』 作詞・作曲/2018年9月/花田ゆういちろう&小野あつこ時代

なんと28曲!!すごいですね。あらためて見ると、ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さんのコンビになってからは初めておさむお兄さんの楽曲が月歌になったことがわかります。

ただ、その他、『ぴぴハピー』『はるのかぜ』『ヤッホ・ホー』など〈今月のうた〉以外にも人気曲をたくさん提供されていて、ゆうあつコンビもすでに歌っている曲も多いので、なんとなくお馴染みの印象がありました。

今回の『やさしいうた』は、おさむお兄さんがギターで弾き語りしてもきっとジーンとしそうです。ゆうあつコンビだと優しく可愛いらしい感じに、おさむお兄さんだと説得力を増す人生の深みが加えられた歌声になりそうです。

「マムアンちゃん」の“タムくん”さんイラスト/『ゴロプポジャカジャカ!』の森岡牧子さんアニメーション

アニメーションに登場するかわいいイラストは、タイのマンガ家 “タムくん”さんによるもの。本名はウィスット・ポンニミットさん。チャーミングな女の子のキャラクター「マムアンちゃん」で有名な方です。

タイで にマンガ家デビューした後、3年間日本に留学し、雑誌「katch」の連載を経て現在タイでは「a day」「open house」、日本では「ロック画報」「Key Station」「ビッグイシュー」で連載。手塚治虫とあだち充など日本の漫画家に影響をつけたとのことですが、イラストのタッチをみて個人的には納得するものがありました。作風は、シンプルなのに予想外の視点で描かれていて、ハッとするものが多いように思えます。シンプルで、かわいくて、あったかい。でも甘々ではない絶妙さ。

ほぼ日手帳や雑誌リンネルとのコラボや、くるりやSAKEROCKのPVも手がけています。NHK関係では「NHKデジタルラジオ」のデジタルMANGAに携わっていたそうです。

そんな“タムくん”のイラストをアニメーション制作されているのは森岡牧子さん。『ゴロプポジャカジャカ!』『いちごろりんりんごろりん』『ちょっとまってふゆ!』のアニメーションも手がけた方です。【すくすく子育て】のイラストやアニメーションも。

今回、『やさしいうた』の放送をみたときは「おだやかでかわいい曲だな」(派手ではないな)と思ったのですが、おさむお兄さん×タムくんですよ?! 【おかあさんといっしょ】の歴史に深いおさむお兄さんに、日本や海外で活躍するタイの若き漫画家。こんな豪華で意外性ある組み合わせ、ここNHKでしか観られないのでは。さすが【おかあさんといっしょ】、今年の月歌は本当に気合いが入っていて、制作陣まで読み解くほどに驚きます!

★『やさしいうた』は2018年10月に発売される最新ベストにも収録されます


『やさしいうた』はおそらく9月の最終週まで放送される見込みです。

◆今月のうたの一覧はこちらの記事で →おかあさんといっしょ《今月のうた》一覧(ゆうあつコンビ:花田ゆういちろう・小野あつこ時代/2017年度〜)

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です