横山だいすけさんメジャーデビュー曲『笑顔をあつめて』はだいすけお兄さんと重なる優しく力強い感動曲!作詞・作曲者は?

スポンサーリンク

【お知らせ】 

  • NEW! 【おかあさんといっしょ】夏特集第2弾は沖縄ロケ!8/13〜8/18→関連記事
  • Eテレ夏休みの特集をまとめました→関連記事
  • 「映画おかあさんといっしょ はじめての大冒険」前売り特典の内容・価格・販売場所など→関連記事
  • 2018年度【おかあさんといっしょ】曜日別放送内容まとめ→関連記事

【イベント関連のお知らせ】 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

【おかあさんといっしょ】11代目うたのおにいさん・横山だいすけさんのメジャーデビュー曲『笑顔をあつめて』が、2018年5月23日に登場!

CD『笑顔をあつめて』に 他2曲とあわせて収録されています。

歌手“横山だいすけ”の歌声が堪能できるとともに、歌詞を聴くほど歌のおにいさん時代からの“だいすけお兄さん”としての変わらぬ姿と重なる、とても素敵な曲です。

『笑顔をあつめて』のミュージックビデオについてや、作詞者・作曲者をまとめました。

◆CD情報はこちらにまとめています→横山だいすけさん祝メジャーデビュー!CD『笑顔をあつめて』が発売|「すイエんサー」ED曲『チクタクシンキング』・『君と君と僕と』収録(2018年5月23日発売)

スポンサーリンク

『笑顔をあつめて』は、まるで だいすけお兄さんのイメージ曲のよう

【おかあさんといっしょ】で歴代最長9年間「うたのおにいさん」を務めた横山だいすけさん。

「うたのおにいさん」時代は【おかあさんといっしょ】という番組をつうじて、歌やコーナーでたくさんの楽しさや笑顔を届けてくれました。子ども達にとって大好きな「だいすけお兄さん」は、親にとっては育児を応援して日々元気をくれる存在でもありました。

2017年春に番組を卒業されてから1年ちょっとの間に、ラジオやドラマ、舞台など幅広くご活躍されてきて、「うたのおにいさん」ではない姿も観る機会が増えましたよね。でも、それでも「うたのおにいさん」時代から変わらず、たくさんの人に笑顔を届けてくれました。新しいことに挑戦して夢を叶えていくと同時に、ブログやラジオで一人ひとりに語りかけるように言葉を選んで発信してくれるメッセージに励まされたり安心したり元気をもらったのは私だけではないと思います。だいすけお兄さんは生き方や存在自体が「だいすけお兄さん」のままなんだなぁと実感した一年でした。

メジャーデビュー曲となった『笑顔をあつめて』は、そんな だいすけお兄さんのイメージ曲のよう!「うたのおにいさん」時代から、卒業した今現在でも変わらず・・・より強く、みんなの心に寄り添って笑顔を届けようとしてくれている だいすけお兄さんの姿にとても重なります。

“特にここの歌詞が〜”と書こうと歌詞を読み返すと、いや ここも、こっちも!となって抜粋できませんでした(笑)。『笑顔をあつめて』の心がぎゅっとつかまれるメロディーと、素敵な歌詞と、だいすけお兄さんの優しく力強い歌声をじっくり聴いてもらいたいです!

◇『笑顔をあつめて』の歌詞はこちらに掲載されています

ミュージックビデオも要チェック!

『笑顔をあつめて』のミュージックビデオには、真っ白なスーツに赤と紺の蝶ネクタイ姿のだいすけお兄さんが登場します。

温室のような緑あふれる場所から場面がかわり、真っ白な部屋でシャツを腕まくりして何やら工作・・・(某テレビ番組の「お部屋を片付けよう」の工作を思い出しますね)。嬉しそうにつくりあげたものは、なんと「HENGAO」フレーム! 今までの爽やかでカッコイイMVが一変して、だいすけお兄さんが変顔をしながら歌っちゃいます(笑)。

“♪できることひとつひとつが小さくても 一人きりじゃないから”の歌詞のあとには、その「HENGAO」フレームが街に飛び出し、だいすけお兄さん以外のたくさんの人が変顔を披露してくれます。そして、HENGAOのあとにはみんな決まってEGAOに。このミュージックビデオを観ているこちらまで、笑顔に。

“♪まぶしくて大好きな 笑顔”を集めるためにしていたHENGAOなんですね。だいすけお兄さんの卒業後、バラエティーなどですっかり「だいすけお兄さんと言えば変顔」という位置付けになっていましたが、ちゃんとちゃんと、変顔も歌も伝えたいこともつながってるんだなぁとストンと響くMVです。

『笑顔をあつめて』の作詞・作曲者は?

作詞:喜介さん

作詞をされた喜介さんについて調べたのですが、詳しいことはちょっとわからず。吉野裕行さんや柿原徹也さんといった声優・歌手・ナレーターとして活躍されている方が歌われている曲で、作詞を手がけられているようです。

今回 だいすけお兄さんの「笑顔をあつめて」のアルバムでは、顔をあつめて』の他にEテレ【すイエんサー】の新エンディング曲となった『チクタクシンキング』も喜介さんが作詞を担当されています。

詳しいことはわからないとはいうものの、『笑顔をあつめて』も『チクタクシンキング』も、ただ歌い手としてだいすけお兄さんが歌ったというのではなく、だいすけお兄さんの生き方を表しているような・だいすけお兄さんが自分の言葉として発しているようなとても素敵な曲です(ファンとして最大級のホメ言葉!)。今後は喜介さんの作詞曲にももっとアンテナを張りたいなと思いましたし、ぜひまた作詞を手がけられた曲をだいすけお兄さんに歌ってもらいたいと思いました!

作曲:渡辺拓也さん

作曲をされた渡辺拓也さんは、だいすけお兄さんのひとつ年上の1982年生まれの現在36歳。作曲家・編曲家・作詞家として活動されています。

Every Little Thing、Sexy Zone、超特急、テゴマス、Do As Infinity、NEWS、乃木坂46など多数のアーティストに楽曲を提供されています。

今回のだいすけお兄さんの「笑顔をあつめて」のアルバムでは『チクタクシンキング』の編曲も担当されています。

渡辺さんのTwitterでは、演奏に参加されたミュージシャンも紹介されていました。


◇楽曲のダウンロードはこちらから→https://smer.lnk.to/egaowoatsumete

◆CD情報はこちらにまとめています→横山だいすけさん祝メジャーデビュー!CD『笑顔をあつめて』が発売|「すイエんサー」ED曲『チクタクシンキング』・『君と君と僕と』収録(2018年5月23日発売)

◆水野良樹さん作詞・作曲の『さよならだよ、ミスター』も良かったですよね!あらためて聴きたくなります

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です