【レポ】行ってきた!ジブリ×横山だいすけお兄さん「スペシャルミニコンサート(ジブリの立体建造物展SP企画)」感想【カバーCD熱望】

スポンサーリンク

【お知らせ】 

  • NEW!12/16(土)おかあさんといっしょファミリーコンサート福島公演TV放送→関連記事
  • NEW!「だいすけお兄さんの世界迷作劇場」昭和女子大公演の一般販売は12/16(土)〜 関連記事
  • NEW!12/17日(日)《お願い!編集長「おかあさんといっしょ リクエストスペシャル」》放送→関連記事
  • みいつけた!新エンディング曲『カゲのオバケ』12/4〜放送→関連記事
  • ジブリ×だいすけお兄さんSPミニコンサートに行ってきました!→関連記事
  • 2018年4月開催《横山だいすけFamilyLive2018in大阪城ホール》→関連記事
  • おかあさんといっしょファミリーコンサート→関連記事
  • ☆注目☆ 《ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合》一般販売について→関連記事
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2017年12月1日(金)に大阪・天王寺で 【おかあさんといっしょ】11代目うたのおにいさん・横山だいすけお兄さんの《ジブリスペシャルミニコンサート》が開催されました。

こちらは、大阪あべのハルカス美術館で2017年12月2日(土)から開催される《ジブリの立体建造物展》のオフィシャルサポーターに、だいすけお兄さんが就任したことによる特別イベントです。

ジブリの立体建造物展

抽選で350人が観覧できるそのミニコンサート。実は幸運にも私も行くことができました!

“だいすけお兄さんが!?ジブリの名曲を歌う!?そんなの聴きたいに決まってる!!”と、私と同様に思った人はきっと多いはずなので、簡単ですがコンサートの様子をまとめてみました。

そして初めにお伝えしておきますが、このレポを書いているもうひとつの目的は「とっても素晴らしかったので、ぜひだいすけお兄さんが歌うジブリのカバーアルバムを出して欲しい!」という気持ちを形に残すことです。なので乱文乱筆失礼します、でもこの気持ち伝われー!と願って書いてますので何卒よろしくお願いします!

(下記はコンサート応募告知のイベント公式お知らせツイート。※現在はコンサートも終了し募集は終わっています)

スポンサーリンク

横山だいすけお兄さんがジブリの名曲を歌う「スペシャルミニコンサート」とは

「だいすけお兄さん×ジブリ」という夢のような企画を叶えてくれた、「ジブリの立体建造物展」のスペシャルミニコンサート。

まずこの開催が発表された時点で「あああああありがとうーーーー!!!」という気持ちでいっぱいでした。

【おかあさんといっしょ】を卒業することが決まったとき、番組で「うたのおにいさん」としての姿を観ることができなくなることがとてもさみしかった。でも、卒業したあとには今まで私たちが聴く機会がなかった曲を聴くことができるかもしれない。それってすごく楽しみなことじゃないか!と思ったのをとてもよく覚えています。

今回のジブリ曲をだいすけお兄さんが歌う企画は、まさに卒業後のお仕事として叶えてもらいたいことの一つだったので本当に嬉しかったです。

そして、350人という募集人数に対してこんなにもたくさんの応募があったそうで…

ミニコンサート内でも、かなり激戦だったことがお話しされました。私もダメ元で応募したので、当選ハガキが届いたときは何度も確認してしまいました。きっと2017年の運はこの一点に集中していたはず…(もともと抽選など当たらないタイプなので、正直ビックリでした)。

きっと行きたくても行けなかった方がたくさんたくさんいたと思うので、今回観覧する機会に恵まれたことを本当に大事にしたいと思いながら当日会場へ向かいました。

■だいすけお兄さん×ジブリ「スペシャルミニコンサート」概要

  • 開催日時:2017年12月1日(金)16:00〜16:45 (実際は40分くらいでした)
  • 場所:大阪・天王寺都ホテル6階 吉野の間

2017年12月2日(土)から開催される「ジブリの立体建造物展」の前日、12月1日(金)に特別企画として開催されました。

立体建造物展は日本一高い建物として有名な「あべのハルカス」16階のあべのハルカス美術館で展示なのですが、こちらの「スペシャルミニコンサート」は隣接する都ホテルの宴会場で開催。

パーティー会場になるような場所で、だいすけお兄さんが歌う場所は少しだけ高いステージが用意されていました。ただ、会場の椅子は平面に配置されていたので、後方の座席など場所によって見えづらい方もいたのではないかと思います。

(“あべのハルカスあべのハルカスあべのハルカス…”と何度もリピートしていた私は、見事に最初にハルカスにむかってしまい、途中で気づいて都ホテルへと急ぎました。間に合わないかもと泣きそうになる子ども達。すまん)

横山だいすけお兄さん×ジブリ「スペシャルミニコンサート」で歌われた曲目(セトリ)

  1. 「となりのトトロ」から『さんぽ』
  2. 「天空の城ラピュタ」から『君をのせて』
  3. 「魔女の宅急便」から『めぐる季節』
  4. 「崖の上のポニョ」から『崖の上のポニョ』
  5. 「となりのトトロ」から「となりのトトロ」

5曲…!いや、45分ですしね、途中にトークやらプレゼント企画があったので仕方ないと思いますが、本音はもっともっと聴きたかったです〜(涙)

【レポ】横山だいすけお兄さん×ジブリ「スペシャルミニコンサート」

行かれた皆さんがTwitterなどで詳細なレポをされているので、私が書いても今更感があるのですが…一応、備忘録的に書いておきますね。記憶を呼び起こして書いていますので、発言の言葉などが少し違うかもしれませんが、ニュアンスで受け止めてください!

司会は虎谷アナ、だいすけお兄さん登場

読売テレビの虎谷温子アナが司会を務められていました。

初めに「ジブリの立体建造物展」の説明を虎谷アナがされたあと、“オフィシャルサポーター横山だいすけさん”を呼びました。舞台袖からだいすけお兄さん登場。客席から拍手と歓声!

それをうけて、「だいすけお兄さんの目線ってこんな目線なんですね。私もいつもあっち(客席)側にいるので」と虎谷アナがコメント。だいすけお兄さん、笑いながら「こんな目線です!」。

1曲め:となりのトトロ『さんぽ』

さっそく1曲めを歌います。トトロの人気曲『さんぽ』。

この曲は作詞を「ぐりとぐら」でお馴染みの中川李枝子さん、作曲を「風の谷のナウシカ」から宮崎監督作品のジブリ音楽を手がけている久石譲さん、歌を「君をのせて」などで有名となった井上あずみさんが歌われていました。

小さい子どもに見せる最初のジブリ作品にトトロを選ぶ人も多いでしょうし、映画を観ていなくても今や幼稚園や保育園でも歌われているとても馴染み深い曲だと思います。私も子どもと散歩をしているときによく一緒に歌っています!(歩きたくない〜抱っこ〜となりそうな時でもこの曲を歌うと元気に歩いてくれるありがたい曲)

子ども向けの曲をたくさん歌ってきただいすけお兄さんが歌う『さんぽ』は、さすがに違和感なし!明るくほがらかで、いっしょに歌って体を動かしたくなる元気の出る一曲でした。

会場からも手拍子がつづき、子どもも大人も揺れていましたよ。そして「思わず動いちゃいました」と後でおっしゃっていましたが、ステージから降りて会場の通路へ!その瞬間、観客から歓声が(笑)。 通路周辺のお客さん大喜びでした〜!

大好きなジブリのオフィシャルサポーターに

一曲めがおわり、虎谷アナとだいすけお兄さんのお話タイム。

ジブリは小さい頃から大好きだったというだいすけお兄さん。今回ジブリのオフィシャルサポーターに就任するにあたって、「オフィシャル…?いつもみたいに、噛んで上手く話せなかったでは済まされないなというプレッシャーがありました」と話していました(笑)。

前日に立体建造物展を見られたとのことで、大人も子どもも楽しめる内容だと紹介してくれました。そしてオススメコーナーも特別に教えてくれましたよ!トトロのコーナーの瓦のところを子ども心で見てみると、“隠れ○○”がいます…とのことでした。(これ、私もこの後に建造物展観に行ったのですが床下に“隠れ□□”を発見してこれだ!と満足しちゃったんですけど…そう言えば瓦って言ってたな、と。もし今後 観に行かれる方は、瓦と床下両方チェックしてみてくださーい。どっちもいるのかな。瓦…なんだったんでしょう。??)

※追記:ジブリ展の紹介をしているテレビを観たところ、だいすけお兄さんがオススメしていたのは「再現した瓦」のところ。子供心にもどって目線を低くみてみると、あるものが見えます! また、私はサツキとメイの家の洋風部分の窓と、和風部分の床下にもひそんでいるのを見つけたので、これから行かれる方はのぞいてみてください〜

また、今まで「うたのおにいさん」として【おかあさんといっしょ】の曲をたくさん歌ってきていましたが、ジブリの歌をこんなに歌うことは今までなかったので「すごく緊張しています!」と。「だいすけお兄さんでも緊張するんですね?」と虎谷アナに聞かれて、「緊張しぃなんです…」と言ってました。

でも素敵な歌を聴きに来たみんなに届けたいとたくさん練習してきました!とお話してくれました。

2曲目:天空の城ラピュタ『君をのせて』

ラピュタの名曲『君をのせて』が2曲目に!たくみお姉さんといっしょにカバーしたことが以前ありましたが、今回はだいすけお兄さん一人で歌います。

これは聴きたいと切に願っていた曲!! 原曲の作詞は宮崎駿監督、作曲は久石譲さん、歌は井上あずみさんが歌われていました。

だいすけお兄さんの『君をのせて』も、すごく良かったです…!会場のお客さんも、涙をぬぐっているママさん達が多かった。『君をのせて』は、その曲自体が胸をギューッとさせるような若い青い想いを感じる曲ですが、だいすけお兄さんの声もそんな若者のように朗々と響いて、でも切なさも感じさせられて。

だいすけお兄さんが歌っているのに、まるで主題歌としてそのまま流れていたとしても違和感がない!主人公のパズーの面影と重なるような歌声。後ろのスクリーンにラピュタの名場面が映っているせいもあったかもしれませんが、あのラピュタの情景がバーーーーッと見えてくるようでした。

歌い終わったあとに用意されたお水を飲んで「はー!」と一息ついていただいすけお兄さんが印象的でした。こういう静かなしっとりした曲を一人で歌う機会がなかなかないので緊張されていたそうです。

 たくみお姉さんと歌う『君をのせて』は

メモリアルDVDの特典として収録されています

3曲目:魔女の宅急便『めぐる季節』

そのまま続いて3曲めの説明に。

また静かな曲です、と紹介されたのが『めぐる季節』。この曲は映画では主人公のキキが住み慣れた町を離れ貨物列車で一晩を明かし、そこから飛び立って新しく住もうと見つけた街に降り立つまでの間に流れています。

(サントラに馴染み深かった私は“「海の見える街」じゃないの?とタイトルを不思議に思いましたが、どうやら映画制作過程のイメージアルバムに収録されている『風の丘』(「海の見える街」の原曲のような曲)に歌詞をつけた曲…といった方が正しいそうです。難しい!でも一般的には、あの旅立ちの、新しい朝を迎えた始まりの曲の歌バージョンとして認識されそう。)

こちらは作詞を平原綾香さんの『Jupiter』の作詞も手がけられた吉元由美さん、作曲を久石譲さん、歌を井上あずみさんがされていました。

 『めぐる季節』が収録されている

魔女の宅急便ヴォーカルアルバム

ぜひ歌詞を見てほしいのですが(歌詞はこちら)、子ども向けの曲というよりはグッと大人っぽい曲です。季節のうつろい、揺れる気持ち、不安や儚さ、おぼろげな恋、それらを感じながら夢を見つめる想いが歌われた歌詞。

この曲を歌う前のだいすけお兄さん、とっても緊張しているように見えました。歌詞がとびそうな難しい曲ですよね(汗)。でも、しっとりした大人っぽい歌声に、季節や心情の変化が感じられて『君をのせて』とはまた違って心の琴線に響きました。

カバー曲って、“歌った人のクセが出るカバー”ってあると思うんですが、だいすけお兄さんは良い意味でクセがない歌い方をされていると感じました。自分の世界観(クセ)に曲をもってくるのではなく、曲の世界観を大事にして、それを聴き手に届けてくれます。『君をのせて』や『めぐる季節』のような情感豊かな曲では、聴いているとその曲にこめられた世界観が目の前にひろげられて、歌の主人公の感情を呼び起こさせるような気持ちになりました。

ややこしく書きましたけど、とにかくとっても良かったんですよ!!!!もっと大人のしっとり曲を歌ってほしい〜〜!!と思いました!!

個人的には今回のミニコンサートで一番好きなカバーでした!もう一回聴きたい…!

曲が終わったあとに、この曲はメロディーが記憶に残っている曲だったので、それに歌詞をつけて歌う機会をもらえてすごく嬉しかった、でも緊張しましたとお話しされていました。「だいすけお兄さんの声で聞けるのがまた格別ですよね」という虎谷アナのコメントに、会場の大人たちもウンウンと賛同のうなずき。

突然のプレゼント抽選企画がスタート

「すごく素敵な贈り物をもらった気持ちになりますね」と虎谷アナが言っていて、わぁ〜、いいこと言う!と思ったら、なんといきなりの贈り物→プレゼント企画がスタートしました。

今回、激戦の抽選をくぐり抜けて会場にきたお客さんに、さらにプレゼント〜と、「ジブリの立体建造物展」のガイドブック3名、スープマグセット1名、トトロのぬいぐるみクッション1名の合計5名にプレゼントです。だいすけお兄さんが箱から席番がかかれた紙をひいて抽選を行うスタイル。

始まる前にみんな、“当たれ〜!”と念を送っていました(笑)。

しかもですね、当選すると壇上にあがってだいすけお兄さんとお話して握手してもらえちゃうんですよ!それがわかったら一層、“当たれ〜!!”と念を送りますよね、特に大人(笑)。

当選された方はみんな親子連れでした。だいすけお兄さんの歌の感想を聞かれて「とても良かった」「キレイだった」とちゃんとコメント出来てるお子さんたち、すごーい!と思ってみてました。あと、ステージに行きたかったのに当たったら緊張したのか泣いちゃった男の子がいて、その子の背中をなでていただいすけお兄さんが優しかったです。

最後の抽選が終わると、ハズレてしまった子達(大多数なんですけど)からぐずりの声が…。うちの子も見事にぐずってました。嬉しいけど、なかなかキケンな企画ですよね、これ。

4曲目:崖の上のポニョ『崖の上のポニョ』

こちらも小さい子どもが大好きな曲ですね。

作詞をこの映画の作画監督をつとめた近藤勝也さん、補作詞を宮崎駿監督、作曲を久石譲さん、歌を藤岡藤巻と大橋のぞみちゃんが歌っていました。

この曲ではだいすけお兄さんが振り付けをつけて歌ってくれて、それがとっても可愛かったですー!“ぱくぱくちゅぎゅ”の手振りとか、“あしっていいな かけちゃお”で片足をグーンと後ろに伸ばしてかけてるポーズしたりとか。

客席も手拍子をしたりリズムをとったりしてノリノリでした。

5曲目:となりのトトロ『となりのトトロ』

「次で最後の曲です」の言葉に、客席から「えーーー!」という声があがりました。もうちょっと聴きたかった〜(泣)。あっという間でした。

この曲は作詞を宮崎駿監督、作曲を久石譲さん、歌を井上あずみさんが歌われていました。トトロのラスト流れてくる井上あずみさん版『となりのトトロ』は映画のワンシーンのように染みついている曲ではないでしょうか。

女性の歌声で馴染み深い曲ですが、だいすけお兄さんの温かく包容力がある歌声がこれまたピッタリ!弾むような声にあわせて客席から手拍子が湧きました。

最後に

「緊張もいっぱいしたんですけど、楽しみにしてくれている皆に歌を届けることができて幸せをいっぱいもらえました」と、だいすけお兄さんからコメントがありました。

「テレビなどでだいすけお兄さんの活躍を目にしていますが、目の前で歌ってもらえて嬉しかったですよね、皆さん!」と、虎谷アナが随所で想いを代弁してくれて嬉しかったです!

時間も早かったのでアンコールも期待したのですが、追加曲なしで終了しました。

これは…カバーアルバムが絶対ほしい!

だいすけお兄さんが歌うジブリの名曲コンサートを聴いて、一言でまとめるなら

だいすけお兄さんがジブリの曲を歌うカバーアルバムが欲しい

ですね!

きっと良いだろうなと思っていましたが、実際に聴いたら本当に良かったんですよ〜!!

だいすけお兄さんは、先に書いたとおり曲の世界観を大事にして、それを聴き手に届けてくれる歌い方をされていると思います。それはきっと【おかあさんといっしょ】で、歌詞を大事にして曲のメッセージを聴き手に届けることを大切にしてきただいすけお兄さんならではだと思うのです。

ジブリの曲や世界は、ジブリファンにとってはとても思い入れがある世界。でも、だいすけお兄さんはその世界を自分色に染めるのではなく、ジブリの世界を大事にしてそこに飛び込んで歌を届けてくれていました。なので、きっとカバー曲を聴いたらだいすけお兄さんファンはもちろん、ジブリファンもすっと心に届く曲になっていると思います!

今回のミニコンサートはホテルのパーティー会場だったため、コンサートホールのような音響のもとで歌を聴くことができませんでした。もっと音が良かったらなぁぁぁと内心思いながら聴いたので、これがコンサートホールや音響設備の整った場所で収録されたものなら最高だろうと欲が湧きました(汗)

今回耳にすることができなかったたくさんの人たちにも、ぜひ聴いてもらいたい!私もまたぜひ聴きたい!!

ので、だいすけお兄さんが歌うジブリのカバーアルバムをぜひ出してくださいーーーー!

魔女の宅急便の『やさしさに包まれたなら』、千と千尋の『いつも何度でも』や『いのちの名前』、ハウルの動く城の『世界の約束』とかもね、きっと素敵に歌ってくれると思うんですよ。

だいすけお兄さんもブログで、どこかでジブリの歌を歌えるように頑張るからね!と書いてくれていました。どうか、実現しますように!

◇横山だいすけさん公式ブログ 2017年12月1日記事「歌は色んな景色が見えるんです♪」

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です